2016SS ボードショーツ

 

そろそろ水温も緩み始め、新作のボードショーツが気になる今日この頃です。

 

 

 

ナチュラルアンセムで取扱う定番ブランドもひと通り出揃い、店頭にしっかりと並んでいます。

 

 

 

サーフィンでのパフォーマンス用としてはもちろん、街履き用としてもOKな物も多数揃えました。

 

 

 

 

たくさんのラインナップから、ほんの一部ご紹介。

 

 

 

 

▲VOLCOM

Transition Jammer

OUTSEAM:18

 

ハイサマーのコレクションラインとして、先日入荷してきました。

ボルコムのボードショーツの中では、アウトシーム18インチは極少量な品番になっています。

街履きではカテゴリー問わずに履ける1枚だと思います。

海はもちろん、キャンプ、BBQ、フェスと活躍しそうです。

個人的にはこれを履いたロングボーダーさんがいたら渋いなぁと思っています。

 

 

 

▲ROARK

Son Of Savage

OUTSEAM:19

 

前回のブログでご紹介をした、“ROARK”。

http://natural-anthem.com/recommend/4640.html

 

 

先日のグリーンルームフェスに出展を行い、今注目のブランド。

リバイリスト達が向かった先“ベトナム ハノイ”をイメージしたプリントに、14%ものストレッチ生地を使用していますので、全くストレスの無い履き着心地になっています。

アウトシーム19インチのシルエットは絶妙に格好よく、これを履いてライディングしている姿を思うとニヤケてきます。

 

 

 

 

▲VISSLA

Drain pipes

OUTSEAM:20

 

ボディーのサイドにシーム処理が施されたデザインと、レトロ感あるレインボーカラーで“70’S”ミックス。

 

 

 

▲REEF

REEF THE ONE

OUTSEAM:19

 

USA企画のプロダクトが本格的になって2年目ですが、今年はプリントものがとてもオススメです。さわやかなバティック(絞り染め)のプリントなど、全体的に繊細で丁寧なイメージがプリントされたボードショーツ。

 

 

▲CAPTAIN FIN

That 70’S Board short

OUTSEAM:19

 

レトロなモチーフ、レトロな生地感など、“僕らが好きなカリフォルニア”なイメージがここにあります。

 

 

 

▲patagonia

Printed Stretch Planing Board short

OUTSEAM:18

 

パタゴニアのボードショーツ中で最もストレッチ性に優れているボードショーツ。

それも伸縮素材を使用しないで、ポリエステル100%のメカニカル・ストレッチ織りという、織り方だけで伸縮性を持たせている優れた生地を使用しています。ゆえに耐久性が高いことを証明しています。

 

 

 

 

 

写真以外にも、まだまだ店頭に多数取り揃えていますので、ぜひご来店ください。

PAGE TOP