BRAND / ROTARY

ROTARY

ロータリーは1895年、スイス時計産業の聖地ともいうべきラ・ショー・ド・フォンで時計師モワーズ・ドレイフュスにより、産声を上げました。創立から10年後の1905年イギリスに進出するとロータリーの「華美に走らない実質本意のモノ作り」の姿勢はイギリスで特に受け入れられ、イギリスでの成功がROTARY社の事業拡大に大きく貢献することになりました。 創立者モワーズの二人の息子、ジョルジュとシルヴァンは1930年代、時計ケースの分野で二つの大きな発明を行っています。ひとつは金メッキ時計の発明であり、もうひとつは金無垢時計のダイキャスト製法の開発でした。どちらも当時、高嶺の花であった腕時計のすそ野を広げ、また腕時計のデザインの自由度を高めるのに大きく貢献する発明となったのです。

PAGE TOP