ボサボのサボサンダル

 

 

ボサボのサボサンダル。

 

 

 

ボサボとはフランス語で “可愛いサボ”という意味だそうです。

 

 

 

直球ネーミング、可愛いですね。

 

 

 

サボといえば北欧スウェーデンが発祥といわれていますが、

 

 

 

このBOSABO(ボサボ)はフランスで凡そ120年続くサボ(木靴)メーカーが送り出す、フランスのブランド。

 

 

 

初代は倒木を拾って木をくりぬいて木靴を作ったそうな。

 

 

 

あっちのほうでは、昔は木をくりぬいたものを履いていたんですね。

 

 

 

それはさておき、今日ご紹介するのは伝統のサボサンダルから現代風にアップデートしたサボ。

 

 

 

どこが現代風かといいますと、こちら ↓

 

 

 

 

 

 

いわゆるサボのウッドソールに、切り込みをいれ、クッションソールをあてがって動きやすさとクッション性をプラスした、ウッドとクッションソールのハイブリットソール。

 

 

 

 

オールウッドに比べると格段の歩きやすさと、スリップの軽減を実現しています。

 

 

 

 

 

 

スタイルはオーソドックスなところをチョイスしています。

 

 

 

レディース、メンズサイズを展開中。

 

 

 

きっと女子は可愛く履きこなしてくれるでしょう。

 

 

 

 

男子は難易度高いかもしれませんが、全体のスタイリングのバランスをみて、是非カッコよく履いてくださいね!

 

 

 

 

周りと同じような靴履きたくないという、そこのあなた、おススメです。

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP