パタゴニアのヘッドウェイ・ブリーフ22L

 

 

 

 

 

パタゴニアの新作トランスポートバッグ、「ヘッドウェイ・ブリーフ 22L」。

 

 

 

 

どうですか、40代~50代のパタゴニアフリークのみなさん、2000年頃にあった、パタゴニアの名品「スタンダップケース」を彷彿とさせますよね。

 

 

 

 

デザインの意見は分かれると思いますが、使い勝手はアップデートされています。

 

 

 

 

本体は940デニール・コーデュラ・バリスティック地ナイロン100%使用のしっかりとした生地で、DWR(耐久性撥水)加工済み。小雨や雪を弾き、乾燥時間を短縮できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たっぷりと収納ができる22Lの容量は4部屋に分かれ、優れた収納力を発揮します。

 

 

1.

大型のメインコンパートメントは、アクセスしやすい広口のジッパー形状で取り出しやすいよう工夫されています。インナーにジッパー式のポケットも装備。

 

2.

PC収納用のコンパートメントは、パッド入りのスリーブを備え15インチまでのラップトップ・コンピューターや電子書籍リーダーが収納可能です。小分けのスリーブがあるので小物収納も完璧。

 

3.

フロントは、オーガナイザー装備で携帯や搭乗券などすばやく使いたい物を収納できます。

 

4.

背面にもA4サイズがすっぽりと入るコンパートメントがあり、こちらもアクセスしやすいようになっています。旅先でのガイドマップ、趣味の雑誌などいかがでしょう。

 

 

 

 

全コンパートメントの中はレッドのファブリックが一貫して使用され、中身の視認性を確保するとともに、何より“カッコイイ”と思わせるデザインの一部となっているところもニクイです。

 

 

 

 

ラゲージの格納ハンドルと一体化出来るよう、背面にはスリーブがついています。

 

 

これはオンオフ問わず、使い勝手の良いトランスポートバッグと言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP